読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕のメロディ

可愛い女の子が歌っている姿が大好きです。

2011年ベストディスク

これを書きたかったがためにはてなブログを始めたと言っても過言ではありません。ウェブログ的に残したいものなのです。 シングル/アルバムを問わず、今年気に入ったディスクを20枚です。一応1アーティスト1枚にしています。

まずは20位から11位までサラッと挙げていきます。

 

  • 20位 YUKI 「megaphonic」

 f:id:my_melody:20111231215607j:plain

  • 19位 Dorian 「studio vacation」

 f:id:my_melody:20111231205225j:plain

  • 18位 CQC's 「ゆるふわweekend」

f:id:my_melody:20111231185051j:plain

f:id:my_melody:20111231184733j:plain

f:id:my_melody:20111231180044j:plain

  • 15位 Letting Up Despite Great Faults 「Letting Up Despite Great Faults」

f:id:my_melody:20111231175549j:plain

  • 14位 Dorothy Little Happy 「デモサヨナラ」

f:id:my_melody:20111231174826j:plain

  • 13位 microstar 「夕暮れガール」

f:id:my_melody:20111231173059j:plain

f:id:my_melody:20111231171824j:plain

 f:id:my_melody:20111231175245j:plain

 

 では続いて10位以降をコメントと共にどうぞ。

  • 10位 Twinklestars 「プリーズ!プリーズ!プリーズ!」

f:id:my_melody:20111231162837j:plain

渋谷系で青春時代を過ごした自分としてはこうやって年月が経ってアイドルが渋谷系を歌うのは嬉しいものです。可愛らしくてアイドル向きの曲じゃないですか。

さくら学院 バトン部 Twinklestars

 

f:id:my_melody:20111231153426j:plain

ROCKETMANのハウス+女の子ボーカルは大好物だからこれはもう仕方がない。だからCOSMETICSをだな。

Happy Note

 

f:id:my_melody:20111231144119j:plain

所謂電波ソングには食指が動かないのですが、かせきさいだぁプロデュースの「くちづけキボンヌ」が素晴らしすぎて。

シティポップス系の曲がここまでアイドルと食い合わせが良いとは新しい発見です。今年No.1の胸キュンソングと言っても過言ではないでしょう。

でんぱ組.inc公式サイト

 

  • 7位 エレクトリックリボン 「レプリカプリコ

f:id:my_melody:20111231134718j:plain

エレクトリックリボンはTumapaiさんのツイートで知ってサンプルを聴いて一発で気に入っちゃって、ライブを見る機会がなかったのでメンバーのasCaさんに直接メールを出してCD-Rを売ってもらいました(まだその時は通販をしていなかったので)。

テクノポップでアフターPerfume的なサウンドですけど、とにかく曲が可愛いの。ザ・女の子って感じで全然知られていないのが勿体無い存在です。メンバー脱退に伴って活動休止中なのが非常に惜しまれます。活動再開して~。

エレクトリックリボン【エリボン】 OFFICIAL SITE

 

f:id:my_melody:20111231021253j:plain

楽曲は浮遊感のあるエレクトロハウスにほぼ固定されて更にLumiの声の合成感も薄くなったおかげで前はどこかにあった企画物っぽさがなくなり、GENKI ROCKETSとしての存在感が増したアルバム。

Lumi役のレイチェルもライブやりたいって言ってるし、DJセットじゃなくてライブやろうよ。

元気ロケッツ オフィシャルサイト

 

  • 5位 RINGO DEATHSTARR 「COLOUR TRIP」

f:id:my_melody:20111231003405j:plain

シューゲイズ界では知らない人はいないんじゃないかってくらい快進撃を続けるリンゴデススター。

男女ツインボーカルだったり至って普通のシューゲイザーだったりする所がウケてるんだと思う。僕もそれだから聴いてる。

Vinyl Junkie Recordings » RINGO DEATHSTARR | Home

 

  • 4位 tengal6 「プチャヘンザ!」

 f:id:my_melody:20111231013115j:plain

聴くまではtengalにtofubeatsさんは正直合わないんじゃないかって思ってました。いやー分からないものですね。バウンスなピアノとか超合ってるじゃないですか。

アイドルらしい胸キュンとパーティーソングらしい楽しさを併せ持つ1曲。素晴らしい。

tengal6

 

  • 3位 One Day Diary 「Fever or Ambulance」

 f:id:my_melody:20111230235108j:plain

ジャンル的にはエレクトロニカなんですけど、ワンデイはそのエレクトロニカの上に乗るメランコリックな歌メロが最高なんじゃないかと思うんです。

とにかく聴いていて気持ちが良い1枚。

one day diary website

 

  • 2位 HARVARD 「HAHVAHD」

f:id:my_melody:20111230232758j:plain

AVALONの活動がどう影響するのか少し心配ではあったけど、全くの杞憂でした。

キラキラシンセが印象的な「A Chance Meeting」を始めとしてポップな曲が満載で、ある意味現在における渋谷系の到達地点の一つかも。

VI.HARVARD.IV

 

f:id:my_melody:20111230225631j:plain

前2作の4つ打ちエレクトロハウス路線から一転、バンドサウンドになったトマパイ。でも、隙のない楽曲は相変わらず。「ジングルガール上位時代」に関して言えば、全く不満な点はないです。メロディ、歌詞、アレンジ。女の子の可愛らしさとクリスマスのウキウキとアイドルポップスとしての「何か」とオマケで曲中の台詞から溢れ出る小沢健二感。完璧でしょう!

Tomapai

 

--

 

今がアイドル戦国時代なのかどうかは置いておいて、たくさんのアイドルたちが世に出てきて、またそれが「アイドル戦国時代」という枕詞のおかげで目に付きやすくなった一年だったと思います。世に出ているグループアイドルの数はここ近年じゃ間違いなく一番じゃないですかね。娘。が全盛期の頃もここまでじゃなかったです。決して楽なジャンルではないですけど、受け手のこちら側としては選択肢が広がりますし競争相手が多いことによって楽曲もブラッシュアップされればそれは良い事なんじゃないですかね。

あと、ツイッターによって色々な曲を知ることができました。エレクトリックリボンやLetting Up Despite Great Faults、最近だと禁断の多数決とか。音楽雑誌を買わなくなって久しいのでこういう出会いは嬉しいです。来年も色々な素敵な曲に出会いたいなぁ。