読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕のメロディ

可愛い女の子が歌っている姿が大好きです。

最近買ったCD

すっげぇカッコいい。カッコいいんだけど、女子流は今娘。と似たジレンマに陥りつつあるよね。
娘。はつんくの曲を外せないからアレンジで変化をつけなければならなくて一時期どうにもならなかったんだけどEDMの導入で道が開けた。
女子流は松井さんのアレンジは固定だから曲で変化をつけないといけないんだけど、アレンジほど劇的な変化が望めないから厳しいよね。


僕らの好きな歌う藤井隆が帰ってきた!
昔聴いていた洋楽のテイストがプンプンする大人の音楽。


A.Y.A

A.Y.A

メインボーカルがほぼ女の子に固定されて統一感が出た。
寧ろ男のメインボーカルいらない。
音も打ち込みが嫌味にならない程度に使われてて、これはなかなかいい進化。


ヴォリューム1

ヴォリューム1

ボーナストラックが11曲もあったら買わないわけには。


MEG ZOMBIESとかよく分からないんですけど。The Zombiesみたいなのをやるわけでもなし。


colorful life  (Type-C)

colorful life (Type-C)

イントロのアルペジオかもうワクワクする。
有りがちな盛り上がりやすいビートロックに逃げなかったのは偉い。


CUE

CUE

アルバム曲はやっぱりトーフさんの「CANDY」だわ。ハウス感が最高やね。


Evolution No.9

Evolution No.9

なかなか攻撃的な曲で面白いねー。
C/Wの「アネモネもね」もいい。


常夏ハイタッチ (CD ONLY) 【ジャケットC ver.】

常夏ハイタッチ (CD ONLY) 【ジャケットC ver.】

1年前の曲の焼き直しの曲を出してどうするのよ。


練り込み不足とは思わないけど、消費スピードが明らかに速すぎる。


Hanging Gardens

Hanging Gardens

エレクトリックなディスコ!
「Holding On」が最高すぎてもう。


Correspondence (初回限定盤CD2枚組)

Correspondence (初回限定盤CD2枚組)

ブリッジ、ラブタンバリンズ、流線形。携わっていたりしたバンドの名前に比べるとまだ物足りなさは残る。
「TRAIN SONG」がいい。


私が言う前に抱きしめなきゃね

私が言う前に抱きしめなきゃね

一言最高。


五月雨美女がさ乱れる

五月雨美女がさ乱れる

これなら俊介さんの全部お任せした方が良かった。


つんく♂の今の流行のEDMと定番のディスコのハイブリッド。
これはなかなか。


ディスコ歌謡最高じゃないか。


Surfbank Social Club

Surfbank Social Club

シティポップの再構築の更に先へ。


LOVE&GIRLS

LOVE&GIRLS

跳ねるリズムとホイッスルがお祭り感ある。


「メギツネ」<通常盤>

「メギツネ」<通常盤>

かなりイマイチ。


曲も歌も特筆すべきものはないなぁ。


unJour

unJour

何で現役アイドルがシティポップをカバーする事になったのか経緯は知らないけど、原曲のイメージを崩す事なく上手くアレンジしてて当たりの1枚。


ABSTRAKTSEX [国内盤] (DTR010)

ABSTRAKTSEX [国内盤] (DTR010)

やっぱり「I Feel Rave」が一番かなぁ。


A PIECE OF THE WORLD

A PIECE OF THE WORLD

アルバムはもっとはっちゃけた曲があると思ってたんだけど、綺麗にまとまっちゃっててちょっと残念。


Lixiviate

Lixiviate

日本で全然リリースしなくても輸入盤で買えるからいいや。
ブリットポップ辺りのUKロックが好きなら是非とも。


プリズム(通常盤)

プリズム(通常盤)

軽めの四つ打ちでウキウキ。


STEP&GO/キャンディー・ルーム(エコノミークラス盤)

STEP&GO/キャンディー・ルーム(エコノミークラス盤)

タイトル曲はどうでもいいけどC/Wの「キャンディー・ルーム」が素晴らしいパーティロック。


Truly(エコノミークラス盤)

Truly(エコノミークラス盤)

まずまずの泣きメロ。


STEP×STEP

STEP×STEP

もっと思い切ってピアノロックに振り切っちゃっても良かった。


トミタ栞

トミタ栞

サブカル的なアプローチがあるかなぁと思ったけど全然なかった。


きゃりーレトロフューチャー路線の曲が意外と合うのが新しい発見じゃなかろうか。


TVアニメ/データカードダス アイカツ! 挿入歌ミニアルバム FOURTH PARTY!

TVアニメ/データカードダス アイカツ! 挿入歌ミニアルバム FOURTH PARTY!

渋谷系の匂いがする曲があったり四つ打ちがあったりやはりアイカツは侮れない。


ガールズルール

ガールズルール

AKBっぽい。これは乃木坂用に作られた曲じゃないんじゃないかなぁ。
C/Wの「人間という楽器」がサンバで面白い。


ハイフライングガール

ハイフライングガール

天才てれびくんのMTKに作った「ハイフライングガール」がいい。


「天真爛漫」、「夕暮れ 恋の時間」が埋もれさせるには勿体無い。
スマイレージはここら辺のガーリー路線で行くべきだわさ。


いや、メロディは面白いけどさ…。いや、ヤッタルチャンは面白いけどさ…。


Best of my Love

Best of my Love

もう説明不要の元気ロケッツのLumiのローズ・レイチェルですよ。
Lumiとしてデビューした頃から知ってるから感慨深い。
タイトル曲はいかにもagehaspringsっぽいハウス、3曲目の「フォゲミナ」がフロテリ&元気ロケッツのアレンジ。


WEATHER GIRLS

WEATHER GIRLS

アルバム曲はシングルの曲には敵わないかなぁ。
ラストの「涙の雨」はなかなか。


POP

POP

Loveless好きなんだろうなって曲ばかり。
シューゲイザーのアルバムとしてはかなり高得点。


遂にリアルタイムに追いついた!