僕のメロディ

可愛い女の子が歌っている姿が大好きです。

2019年を軽く振り返ってみる

ハロプロ

ハロプロがカウコンをやるようになってから初めて行かなかった年末でした。お正月のハロコンもチケットを取らなかったし、確実にプライオリティは下がってます。普段行ってる現場が2,000円、3,000円でライブを見られることを考えるとやっぱりチケットが高いんですよ。それが2公演行くことがデフォルトになっちゃってますからね。2020年は基本在宅で楽しみます。

あ、BEYOOOOONDSは好きです。高瀬さんの写真集待ってます。

 

彼女

「彼女のサーブ」と「彼女のレシーブ」が「彼女のサーブ&レシーブ」になったりテニスを捨てたり色々あったけど、イヤちゃうねん、そういう色々じゃなくてさ…

963はグラビアがあったりぴーぴるのヤンマガがあったりしたけど、カノサレはそういうのほとんどなかった印象。2月に「One」が増えてそれっきりだしなぁ。ライブは相変わらず楽しいから極力現場には行きたいんだけどね。2020年はあおぎちゃんが大学4年生になるから今後の道を含めて大事な1年になるんじゃないかなぁ。

 

Cannes

WEAROUTSKIRTSですけど、どこでこうなった? ってくらいの勢いで…。先日ケンホーさんとも話したんですけど、言うてもまあまあのピンチケ現場ですよ。それなのにめっちゃライブに行きましたね。平日に仕事終わりで新幹線に乗るとは思わなかったです。元々はWEARの「ショートスリープコード・デイドリームハミング」が大好きでライブを見に行ってたんですけど、それがあれよあれよと。大阪は東京に比べて終電が遅いしとかホテルが安いしとか色々理由をつけてニコニコしながらライブに行ってます。OUTSKIRTSは「愛の魔法」って曲が超良いんすよ。まぁ、後はかみゅうさんですよね。この先、何があっても2019年の夏の出来事は絶対に忘れないと思います。色々あったんすよ、色々。

 

遠征

あおぎちゃんが加入した最じぇねとCannes勢のホームが大阪ってこともあって大阪に頻繁に行くようになりました。大阪のお茶屋さんやお蕎麦屋さんと顔馴染みになってきました。大阪の地下鉄もかなり慣れました。梅田駅を除いては…。

WEARやOUTSKIRTSは時々名古屋に来てくれるけど、やっぱり圧倒的に大阪や東京の現場が多い。幸い早起きと電車移動は全然苦じゃないので後はお金の問題だけですよね。ってことで他の趣味に掛けるお金が激減してます。ガンダムのトイを買うお金が、プロレスを見に行くお金が、5年も使ってるスマホを買い替えるお金が、パーマをかけるお金が遠征費に化けますよね。収入が激増しているわけではないのでその辺は取捨選択です。石油王ではないので仕方なし。

あおぎちゃんの最じぇね兼任は少なくとも5月までは続きますし、WEARもOUTSKIRTSももちろんまだまだ続きますので暫くは新幹線とは離れられそうもないかな。

 

日々

間欠爆発症

爆発的な行動は、友人や仲間の何気ない一言や、自分の思い通りにならないことなど、通常は攻撃的な行動に結び付かないような出来事がきっかけとなります。あらかじめ計画された行動ではなく、何か利益(金銭、権力など)を得るための行動でもなく、怒りや感情を抑えきれず衝動的に生じる行動です。本人は、落ち着きを取り戻したあとに後悔したり,自己嫌悪に陥ったりします。

当てはまりすぎるなー。

 

総括

2019年はWEARとOUTSKIRTSの1年だったかな。OUTSKIRTSは正味8ヶ月ですけど、それだけ印象深い年でした。5/1に初めて見て、翌日のチケットを速攻買って肉フェスに行きましたからね。金沢も行きましたし。CDがリリースされたり1stワンマンがあったりメンバー脱退があったり波乱万丈な8ヶ月だったけど、だからこそ忘れられない1年になったんじゃないかと。僕も色々ありました。まさかアイドルに1万円以上するプレゼントをする日が来るなんてね。喜んでくれたから良しとします。

 

テニスラケットはまだ家に取ってあります!

2019年のチェキを軽く振り返ってみる

🎾まっくす🎾(@mymelodyorg)/「週末のチェキ」の検索結果 - Twilog

 

とりあえず枚数をツイートしているのでTwilogから抽出して集計してみました。

708枚ありました…1枚1,000円の2ショットと1枚500円のランチェキが混在しているので間を取って1枚750円としてみると531,000円ですか…アイドルオタクの年間支出の平均は100,000円程度でしたっけ?(遠い目

 

一番多いのは94枚あった最近お熱のOUTSKIRTSのかみゅうさんだろうなぁ、と思ってたらあおぎちゃんの方が全然多かった。137枚もあった。現場に行ったら2ショットか1ショットを撮って更に必ずランチェキを買うし予約特典もチェキ1枚だから1現場で最低3枚増えるしね。まだまだ本現場はカノサレでした!ボールボーイです!

カノサレも963もあと良く行ってるO'CHAWANZもフェアラブもその辺はタイマーがなくて非常に緩い雰囲気なんですけど、WEARやOUTSKIRTS、最じぇねはタイマー1分なんですけどそれも随分慣れましたね。

今年は現場で見た対バン相手の知らない子とチェキを撮るのをグッと我慢するようになりましたね。これ以上沼を増やすわけには…とりあえず部屋にこれ以上チェキアルバムが散乱する状況は避けたいと思います。

f:id:my_melody:20200103205819j:plain

令和元年最初のチェキ

 

2019年 僕のメロディ10曲(ハロプロ編)

  1. BEYOOOOONDS - 元年バンジージャンプ
  2. 鈴木愛理 - Break it down
  3. CHICA#TETSU - 高輪ゲートウェイ駅ができる頃には
  4. CHICA#TETSU - 都営大江戸線の六本木駅で抱きしめて
  5. 勝田里奈 - とっておきのオシャレをして
  6. モーニング娘。'19 - 青春Night
  7. BEYOOOOONDS - 恋のおスウィング
  8. アンジュルム - いとし いとしと Say My Heart
  9. W - ちょい悪デビル
  10. カントリー・ガールズ - One Summer Night~真夏の決心~
  1. 懐古主義だろうが何だろうが良い物は良い。
  2. ハロプロが苦手な年齢を重ねた女性のポップスを全く外部の人にやられちゃうのがね。あと、愛理がやりたいのはこういうのじゃないのがアレだけど。
  3. 昨今のシティポップブームに対するハロプロからの回答。
  4. 可愛くてポップな100点のアイドルソング
  5. シャレオツソング。
  6. 作詞作曲つんくにしてはかなり良い部類。
  7. BLACK BOTTOM BRASS BANDのメンバーによるアレンジが大当たり。
  8. Jamiroquaiっぽいかどうかは置いておいてヒラショーのシンセ曲は良い。
  9. まさかちゃんとした音源で聴くことが出来る日がやってくるとは思わなかった。
  10. カントリー・ガールズは最後も良い曲でした。

今年はやっぱり何と言ってもBEYOOOOONDS。CHICA#TETSUと雨ノ森 川海からの「眼鏡の男の子」のこれからどうなるんだろう?感からここまでちゃんとしたグループになってアルバムまで持ってこられるとは。ハロプロ1stアルバムは最高傑作の歴史がつんくがいなくなってもまだ残っていたことも嬉しい限り。

あとはひなフェスのWの復活ね。現役メンバーとWの二人が「I WISH」を歌う未来は僕の予想の中にはなかった。あれが見られただけ長くハロプロのファンをやってきて良かったと思った。ひなフェスの鞘師は無駄遣いでしかなかったけど。

娘。のリリースが少ないのは不満だけど、その代わりと言っちゃ何だけどBEYOOOOONDSのアルバムが超良かったので2019年もハロプロは楽しかったです。2020年、ハロプロ現場に行く回数は激減しそうだけどハロヲタはもう少し続けるつもりです。